節電・省エネ・防塵・セキュリティは今大事なテーマです。弊社は昭和51年(1976年)にスーパーマーケット向けオープンショーケースの節電・防塵用附属品として、ナイトカバーを国内で初めて国産化。以来今日まで一貫して環境保全商品を手がけてきております。
 弊社は、お客様のご要望に軸足をおいて、既成サイズの製品のみならす、お客様のご要望に沿った製品をご提供してまいりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申しあげます。
代表取締役社長 永井 敬一


会社概要

商 号   株式会社モダンプラスチック
所在地   〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中1-5-8
  (TEL) 044-751-3002       (E-mail) info@modern-p.com
  (FAX) 044-751-4326       (URL) http://www.modern-p.com
資本金   10,000,000円
設立日   昭和29年(1954年)9月17日
役 員   会        長 : 早田 喜望     専務取締役 : 高溝 力
  代表取締役社長 : 永井 敬一         役 : 坂口 真由子
従業員   20名
株 主   早田 喜望、 永井 敬一
年 商   2億円
取引銀行   川崎信用金庫(宮内支店)、 三菱東京UFJ銀行(新城支店)、 みずほ銀行(玉川支店)
主な取引先   潟vロデックス、富士電機梶A 渇ェ村製作所、サンデン梶A三菱電機冷熱応用システム
主な仕入先   泉梶A 潟tジマックス、 ミツワ梶A 大日本商事


沿 革

昭和28年(1953年)   創業現会長早田喜望は塩化ビニールペーストレンジの加工によるビニール人形の工業化に着手
昭和29年(1954年)
9月17日
  会 社 設 立
昭和32年(1957年)   神奈川県川崎市溝口894番地に工場を移転
昭和36年(1961年)   ローテーション成型機を開発し生産能力を倍加
昭和42年(1967年)   成型機設計管理部門を増設
昭和44年(1969年)   全自動4軸ローテーション成型機を完成し稼働
昭和47年(1972年)   住友化学工業株式会社及び花王石鹸株式会社と提携
昭和51年(1976年)   ナイトカバーを開発、生産開始
昭和52年(1977年)   本社工場を川崎市中原区宮内2-23-16に移転
昭和53年(1978年)   プラスチック成型加工品の製造開始(塩ビ、ABS等の射出、押出成型品)
昭和56年(1981年)   特殊包装材タップシートのラミネート加工開始
昭和60年(1985年)   広幅超音波シールによるエンドレスシート製造
昭和61年(1986年)   超音波シールによるコイルバリアの製造開始
昭和63年(1988年)   超音波シールによるキャリアシートの製造開始
平成14年(2002年)   事業の拡張に伴い川崎市中原区上小田中に移転、現在に至る


トップページに戻る  ナイトカバー  ビニールカーテン  スイングドア  アクセス  お問い合わせ

株式会社モダンプラスチック 〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中1-5-8
TEL 044-751-3002  FAX 044-751-4326  E-mail info@modern-p.com
Copyright(C) 2009 Modern Plastic Corporation All rights reseved